定期預金の名義変更に伴う贈与税

知っておこう!定期預金の名義変更にともなう贈与税

定期預金の口座変更といっても2種類あることをまず確認しておかなければなりません。一つはある人の定期預金を引き続き同じ人物が保有するが、名前だけ変えること。例えば、その人が結婚して姓が変わったとか、個人事業主の事業所名で保有したいとかいう場合です。もうひとつ別の名義変更とは定期預金の保有者自体が変わることです。つまり、本来は自分がもっていた定期預金を子供に渡したいと思って、それを子供の名前に変更するとかいうことです。これからご説明する場合は後者の場合です。

名義が変わるといいますと、なんだか形式的な手続きのように感じますが、上記で触れたケースはどういうことかと考えてみますと、結局お金の所有者が変わる、ということです。つまり、もともとあなたの定期預金で、その中に100万円入っていたとすると、それが息子さんの名前で所有される口座になるとそれはその100万円は息子さんのものになってしまう、ということです。つまり、これは贈与という立派な法律行為です。もちろん、これは名義変更というより、一旦あなたの定期預金を解約して、息子さん名義で口座を開設するということになると思います。

では、お金の贈与をする際に気をつけなければならないことは何かというと、贈与には税金がかかるということです。自分のものを他の人にあげるのになんで税金がかかるんだ、と思われるかもしれませんが、言ってしまえばこれは相続税を回避することを目的とした生前贈与の抑止といえるでしょう。つまり、もしある大富豪がそのままなくなればそこから相続税を払わねばなりませんが、それをなくなる直前に子供に渡してしまえば何の税金もかからないというのは不公平というわけです。それでも、親が子供に、あるいは友人同士がなにかのお祝いに、あるいは必要な費用を贈与するのはありうることですし、それにすべて税金をかけるのも不合理です。ですから、日本では年間に受け取った110万円以下の贈与には贈与税がかからないことになっています。

ですから、もし子供に、あるいは他の誰かに定期預金を渡したいと思っているなら1年間に110万円以内ずつ、すこしずつ渡していくなら税金がかからないので、そうなさることをオススメします。